老人ホームの正しい探し方|サポート万全な施設がベスト

有料老人施設の選び方

男性

重視したいポイント

福岡市内には300件以上の有料老人ホームがあります。有料老人ホームといっても介護付きや住宅型有料老人ホーム、グループホームなどいくつかの種類があります。住宅型有料老人ホームは、食事や生活面でのサービス、健康管理サービスを受けながら暮らす施設のことです。自立している高齢者が入居しているのでイベントや趣味などのアクティビティサービスも行われています。ただし、施設の特徴から介護サービスを行うことができないので、外部の介護業者に依頼して受けることになります。住宅型有料老人ホームの概要はこのようになっていますが、施設によってサービスや利用料金が異なります。住宅型有料老人ホーム選びでは、サービスと利用料金のバランスをみることが重要です。住宅型有料老人ホームでは24時間体制でスタッフが常駐して見守りをしており、少数ではありますが看護師が常駐している施設もあります。入居する方は高齢者ですから緊急時の対応がしっかりしているところを選びたいところです。住宅型有料老人ホームでは介護が必要になった方は退所を求められることがあります。しかし、要介護認定を受けている福岡市の施設は訪問介護や通所介護サービスを利用できます。福岡市の外部の業者から介護サービスを受ければ、退所をせずに利用を継続することが可能です。この点も施設選びのポイントに加えておきましょう。住宅型有料老人ホームでは入居する際に前払い金(入居一時金)が必要です。福岡市内の住宅型有料老人ホームでは前払い金が0円から300万円台となっており各施設でばらつきがあります。予算を考慮して選ぶことが大切です。